ママボノ

ママボノ

ママボノ

ママボノ

MENU

参加ママの声

参加ママの声

ママボノに参加したママたちは、ママボノでどのような経験をしたのでしょうか。すでに復職をしたママたちは、どのように復職を迎え、どのような生活を送っているのでしょうか? ママボノを経験した先輩ママたちに、参加体験談や、復職後「働く」と「子育て」をどうやりくりしママボノでの経験がそこにどう活きているのか、聞いてみました。

阿知波 麻美さん

阿知波 麻美さん

家族構成:夫、息子(6歳・4歳)
仕事内容:中国語講師、通訳・翻訳、事務
勤務体制:フリーランス

体も心も生活も、
家族でムリなくバランスよく。

妊娠出産を経て仕事から遠ざかり、保育園も待機児童で2 年を経過。すっかり育児モードの日々を過ごす中でママボノと出会いました。当初は飛び交う言葉についていくだけで精一杯でしたが、プロジェクトが進むうちに感覚を取り戻し、仕事をしたいという気持ちもはっきりしました。ママとしての経験が単なる「ブランク」ではなく「スキル」につながる、そう実感できたことも自分への後押しになりました。ママボノを通じて働き方に対する選択の幅が広がり、今の自分らしいライフスタイルにつながっていると感じています。(2017年5月取材)

日々の基本スケジュール

5:00 起床、ヨガ、家事
(Point:早起きで自分時間を調整)
7:00 子ども起床、朝食
8:00 登校・登園、出勤
10:00 中国語授業
(Point:自宅作業の時は日中のヨガレッスンでリフレッシュ)
16:00 授業内容確認、教材準備
(Point:急な事態に備え、常に情報共有を)
17:00 学童・保育園へお迎え、帰宅
18:00 連絡帳と宿題確認、ピアノ練習
19:00 夕飯準備、夕食
20:00 お風呂、絵本を読む
21:00 寝かしつけ、家事、就寝

増田 麻衣子さん

増田 麻衣子さん

家族構成:夫、息子(4歳・2歳)
仕事内容:商社弁護士
勤務体制:育休取得・フルタイム

ママボノでは様々なバックグラウンドを持つメンバーに恵まれ、チームで働く楽しさに開眼。担当団体がワークライフバランスに関連していたため、復帰後の生活へのヒントもたくさんいただきました。娘が6ヶ月の時にフルタイムで復帰。夫との協力だけでなく、各種サービスを利用し、色々な人に助けてもらいながら毎日を過ごしています。ママボノは、◯◯ちゃんのママ、だけではない、自分自身を表現できる場。その世界を、復帰前の時期の早い段階で取り戻すことができて幸運でした!(2015年10月取材)

岩岸 千夏さん

岩岸 千夏さん

家族構成:夫、息子(1歳3ヶ月)
仕事内容:経営管理
勤務体制:育休取得・フルタイム

プロジェクト中、メンバーと育児・家事・今後の仕事への想いなども共有し、復職に向けて心と体の準備ができました。最初から保守的にならず、「今まで通り前向きにやってみよう」という意識の高まりも生まれました。育児中の限られた時間で行ったママボノ。時間の質をどれだけ高められるか意識するようになり、今も効率的に仕事が出来るよう工夫を繰り返しています。素敵な方達に出会えたのは良い刺激。復職後もメンバーと近況をやり取りし、モチベーションを維持しています! (2015年10月取材)

末貞 芽里さん

末貞 芽里さん

家族構成:夫、息子(4歳)
仕事内容:グラフィックデザイナー
勤務体制:フリーランス

出産を期に退職し、専業主婦として家で子どもと過ごす日々。幸せだけど、このままでいいのかなと考えていた頃にママボノの存在を知り、参加してみました。様々な職業のママたちからたくさんの刺激を受け、これからの“ 働き方”を考えるように。その後、ママボノに参加したご縁から仕事の依頼をいただいたことがきっかけで、フリーランスという形でデザイナーを続けています。育児も仕事もフル稼働で両立するという選択肢だけではなく、子どもの成長や、家庭の変化に合わせて、自分にあったペースで仕事をしていきたいと思っています。 (2017年5月取材)

柴岡 久美子さん

柴岡 久美子さん

家族構成:夫、息子(4歳)、娘(0歳)
仕事内容:編集者、WEB ディレクター
勤務体制:フリーランス

1人目の子が1歳になりフリーランスとして仕事復帰することを決意したものの、仕事の感覚をすぐには取り戻せずやきもき…。そんななか参加したママボノ初日、まず驚かされたのはチームメンバーからみなぎるパワー。プロジェクトを進めるうちに、不安と焦りをひとりで抱えていたはずの私も刺激を受け、いつの間にか自信を取り戻せていました。多彩な経歴を持つママたちから仕事に対する新たな視点を学べた事、そして何より、笑いの絶えない雑談から得た子育てノウハウは得難い財産。2度目の仕事復帰にもママボノでの体験が活きてきそうです。 (2017年5月取材)

1 2