ママボノ

ママボノ

ママボノ

ママボノ

MENU

ママボノに参加する

ママボノとは?

「ママ」と「社会」と「働く」をつなぐ

育休中や離職中の子育て女性たちが、仕事復帰に向けたウォーミングアップと同時に社会貢献活動を行える場、それが「ママボノ」です。社会人ワーカー全般を対象にしたプロボノ活動で多数の実績を持つ認定NPO法人サービスグラントが、2013年度に開始しました。

再び仕事を始めるにあたり、子育てと仕事の両立に不安を抱えるママ、この活動を通して仕事の感覚を取り戻したいママ、この貴重な時間を使い、今しかできない経験で自分の幅を広げたいと思っているママ。「ママボノ」にはそんな人たちが参加しています。

「ママボノ」で行うのは、「プロボノ」と呼ばれるボランティアプログラムです。 社会的な問題の解決やニーズに応えるために活動するNPOなどに対し、お金ではなく仕事のスキルや経験を活かして、6名前後のチームを組み支援することで、社会課題解決に貢献します。約2か月という参加しやすい短期間で、活動時間の目安は週5~10時間程度です。子どもから目を離しづらい0歳児ママ、離職期間の長いママも参加しやすいよう配慮しています。
ママだけでチームを組むママボノだからこその気づきやチーム力は、支援先のNPOからも高い評価を受けています。
参加はもちろんお子様連れでOK。2人目、3人目ママも歓迎です。

これまでの仕事では出会わなかったような多彩な人との関わりやテーマを通して、自らをひと回り成長させるような刺激を得られるママボノ。
あなたも「ママボノ」で、スムーズな仕事復帰、そして更なるステップアップを目指してみませんか?

参加ママの「その後・・・」

参加するには

ママボノは現在年1回、東京と大阪で開催しています。参加するには事前の登録が必要です。まずは開催概要をご確認のうえ、お申し込みください。

2017年 開催概要

支援を受ける企業に導入する

ママボノの流れ

約2カ月間のプロジェクトでは、様々な分野での仕事経験を持つメンバーたちから、自分と異なるものの見方やノウハウを学ぶことも。ママ同士、子育てトークも盛り上がります!

1. 参加申し込み

スキル登録と参加フォームで申し込み
ママボノに参加するには、ママボノ参加フォームからの申し込み、及びスキル登録(サービスグラントのプロボノワーカーの登録)をお願いします。
なお、ママボノ参加検討者に向けたイベントや説明会も開催しています。関心のある方はぜひご参加ください。

プロジェクトチームの決定連絡
登録されたスキルを元に、事務局でチーム編成を行います。担当支援先が決定次第、メールにて連絡をいたします。

2. オリエンテーション

参加が決まったら、まずはチームメンバー(&子どもたち!)同士の顔合わせを行います。支援先の情報やプロジェクトの内容を理解し、役割分担やスケジュールなどの検討を始めます。

3. キックオフミーティング

チームメンバーと支援先担当者との顔合わせを行います。支援を希望するNPOの担当者と直接話し、プロジェクトの目的を改めて確認したうえで、今抱える課題などをヒアリングします。

支援メニューの詳細はこちら

4. 調査・制作活動

メールやスカイプなどを活用した自宅でのやり取りのほか、チームミーティングや、支援先訪問、ヒアリングなどの外出ワークが含まれることもあります。会話の端々に子育ての悩みや仕事に関する相談が混ざってくるのがママボノならでは。

5. 成果提案

支援先に向けて、これまでの活動での成果物をプレゼンする緊張の瞬間です。支援先からの感想やフィードバックを受けて最終修正を行います。

6. 最終報告会

成果提案の内容を、他のママボノチームに対しても報告します。それぞれのチームで活動してきたことを発表し合うことで、お互いに成果を確認するだけでなく、他の支援先が向き合う社会課題についても知る機会になります。

 

プロジェクトの進捗状況・実績


ブックレットダウンロード(PDF/2.93MB)

お問い合わせフォームはこちら

ママボノ実施レポートメディア掲載